スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←元カノ~ver.ボリス~(クローバーの国、ボリアリ) →手折り華 はじめにお読みください
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png ネオロマ
総もくじ  3kaku_s_L.png QuinRose
総もくじ  3kaku_s_L.png オトメイト系
総もくじ  3kaku_s_L.png リジェ系
もくじ  3kaku_s_L.png その他
総もくじ  3kaku_s_L.png お題もの
  • 【元カノ~ver.ボリス~(クローバーの国、ボリアリ)】へ
  • 【手折り華 はじめにお読みください】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「ネオロマ」
遙かシリーズ

やっかいな恋敵~叔父と甥~(遙か3、VSもの)

 ←元カノ~ver.ボリス~(クローバーの国、ボリアリ) →手折り華 はじめにお読みください
 若き熊野別当であり、離を司る火の八葉でもあるヒノエ。
 くせもの揃いの熊野水軍を一手に束ねる統率力、臨機応変に策略を立てる機知、女性ならば誰もが思わず振り返るほどに華やかな容姿、ふとした行動にどこか漂う優雅さ。
 彼の甘い言葉と艶やかな微笑、そして情熱的な赤い双眸で射抜くように見据えられれば、大半の女性が思わず夢中になってしまう。
 地位や財力さえも兼ね備えた、一見完璧に見える男。

 しかし、彼にも苦手とする相手はいる。

「・・・・・・・・・・・・・・・何しに来たんだよ、あんた」
「いやだな、可愛い甥っこ夫婦の様子を見にきたに決まってるじゃないですか。僕の大事な神子が、元気にしているかどうか気になりまして」
「あんたの神子じゃなくて、オ・レ・の・花嫁だ」

 春も近いというのに、極寒の冷風が吹き荒れているような寒々しい空気が部屋中に流れる。あからさまな嫌悪を浮かべているヒノエの前には、源氏の軍師であり八葉時代に何の縁か同じ聖獣の加護を受けていた叔父の弁慶が穏やかな微笑(ヒノエ曰く、うさんくさい笑顔)で座っている。
 弁慶が熊野別当邸へとやってきたのは、半刻ほど前のこと。
 何の前触れもなく、春一番の強風のごとく現れた来訪者に、愛する妻と久しぶりの二人きりを過ごしていたヒノエは盛大に嫌そうな顔を向けた。
 そんな夫と対照的に、妻の望美は久しぶりの仲間との再会を心から喜び、弁慶を屋敷へと招きいれた。その当の本人は、弁慶にお茶を用意すると言って出て行ったきりだ。
 責任感がやたらと強い彼女のことだから、「折角弁慶さんが来てくれたんだから、全部私がやるよ!」なんて女房に無理を言って不器用な手つきで準備をしているのかもしれない。
 ただじっとこの苦手な男相手と向かい合っているより、今のうちに弁慶の訪問の理由を問いただしておいた方が都合がいい。望美がいない今なら、気兼ねなく突っかかることができる。

「もう一度聞く。何しに来た。あんたがわざわざ京から熊野に来るなんて、よっぽどの理由があってのことだろうな」
「君も疑り深いですねえ。本当にただヒノエと望美さんの様子を見にきただけなんですよ。そのついでに里帰りもいいかなと」
「里帰り、ねえ・・・・・・・・・あんたにそんな郷愁があったなんて驚きだぜ」

 ハンッと機嫌悪そうに嫌味を向けるヒノエを気にした様子もなく、弁慶はいつものように何を考えているのか読み取りにくい笑みを浮かべる。


「機嫌が悪いですねえ・・・・・・・・そんなに僕に会いたくなかったんですか?」
「最愛の奥方との蜜月を邪魔してくるような男に会いたくなんてないね。諦め悪く横恋慕しているようなヤツなら、尚更だ」
「邪魔なんてとんでもない。僕はただ、これからしばらく交易のために留守にしなくてはならない甥に代わって、可愛い花嫁さんを害虫から守ってあげようと考えているだけですよ」


 ・・・・・・・・・さらりと会話の延長のように言われて聞き逃しそうになるが、よく考えればかなりの問題発言だ。
 確かに、ヒノエは次の日から交易に出かける予定だった。いくら新婚だからとは言え、こればかりはどうしようもない。それならばせめて、出発の前日はたっぷり望美と過ごそう・・・・・・・と、半ば邪念混じりの必死さで溜まっている仕事を終わらせ、何とか休みをもぎとったというわけだ。
 だからこそ、この貴重な二人きりの時間を絶妙なタイミングで邪魔してくれた弁慶に、ヒノエはいつも以上の不機嫌さをぶつけていたのだが・・・・・・・・

 今はそんなことよりも、どうしてそれを弁慶が知っているのかということが問題だ。

「・・・・・・・・・・あんた・・・・・・・・知ってて、わざわざ狙って来ただろう?」
「なんのことです?」

 あくまでもしれっとした態度を崩さない弁慶は、知らない人が見れば菩薩のような微笑みを浮かべる。
 その一見真っ白な微笑に隠された本当の意味をよ~~~~~~く心得ている一人であるヒノエは、怒りに拳を震わせながら、この非常に厄介で性質が悪いと心の底から断言できる自分の叔父をきつく睨みつけた。



「ああ、僕はしばらく熊野に滞在しますから。望美さんが寂しくないよう、僕がちゃあんと相手をしますので、君は安心して交易に向かってください」



 にこっ。
 それはそれはいい笑顔が向けられた瞬間、ヒノエの我慢がついに切れた。



「安心できるか、この腹黒法師・・・・・・・・・・・っっっ!!!!!」



 後に、別当屋敷の使用人達はこう語る。
 冷静沈着な別当殿があんなに声を荒げたのは、あれが初めてだった、と。

 ちなみにその怒り心頭な別当殿を宥め、一種即発にまでなりかけたその場を収めたのは、お茶をもってのんびりと表れた別当殿の奥方様だったそうな。
 さらに、その後の交易ですさまじいまでの気勢を負った別当殿が、予定の半分より早い日程で商談をまとめさせて帰ってきたとか。


 すべての真実は、当人達のみが知る。





終わり



~おまけ~

「望美、絶対にぜ~~~~~~~~~ったいに、弁慶に気を許すなよ!?」
「え、なんで?」
「なんでもっ!!・・・・・・・・はあ、俺の花嫁は変なところで鈍いからマジで心配だぜ・・・・・・」

 ヒノエの悩みは尽きることがない。

関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png ネオロマ
総もくじ 3kaku_s_L.png オトメイト系
総もくじ 3kaku_s_L.png リジェ系
総もくじ 3kaku_s_L.png お題もの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png ネオロマ
総もくじ  3kaku_s_L.png QuinRose
総もくじ  3kaku_s_L.png オトメイト系
総もくじ  3kaku_s_L.png リジェ系
もくじ  3kaku_s_L.png その他
総もくじ  3kaku_s_L.png お題もの
  • 【元カノ~ver.ボリス~(クローバーの国、ボリアリ)】へ
  • 【手折り華 はじめにお読みください】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【元カノ~ver.ボリス~(クローバーの国、ボリアリ)】へ
  • 【手折り華 はじめにお読みください】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。