スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←君の笑顔を願う(ジョーカーの国、ユリウス→アリス) →やっかいな恋敵~叔父と甥~(遙か3、VSもの)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png ネオロマ
総もくじ  3kaku_s_L.png QuinRose
総もくじ  3kaku_s_L.png オトメイト系
総もくじ  3kaku_s_L.png リジェ系
もくじ  3kaku_s_L.png その他
総もくじ  3kaku_s_L.png お題もの
  • 【君の笑顔を願う(ジョーカーの国、ユリウス→アリス)】へ
  • 【やっかいな恋敵~叔父と甥~(遙か3、VSもの)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「QuinRose」
アリスシリーズ

元カノ~ver.ボリス~(クローバーの国、ボリアリ)

 ←君の笑顔を願う(ジョーカーの国、ユリウス→アリス) →やっかいな恋敵~叔父と甥~(遙か3、VSもの)
 宿屋の入り口を掃除している最中、ふと視線を感じて振り向くと、エメラルドの瞳にぶつかった。
 ずっと足元からこちらを見上げている、綺麗な毛並みの白猫。凛と背筋を伸ばした、おそらくまだ若い成猫。

 ・・・・・・・・思わず見惚れてしまうほど、何だか不思議で綺麗な猫が、私を見ていた。

 そっと視線を合わせるように屈みこむ。
 猫は大人しく私を見ていた。手を伸ばせば触れる距離にいるのに逃げようとしないところを見ると、どこかの飼い猫なのかもしれない。そうじゃなきゃ説明できないほどに綺麗で気品のありそうな猫だ。

「・・・・・・・・・おいで」

 ゆっくりと手を伸ばす。
 いきなり触れはせず、ただ手を差し出す。少し身をかがめ、白猫が興味深そうに私の手の匂いをふんふんと嗅ぐ。猫は警戒心が強い生き物だから、いきなり触れることはルール違反みたいなものだ。触りたくとも、向こうから近づいて擦り寄ってくるのを待つしかない。
 元の世界で猫を飼っているうえ、今は自分を猫と宣言している男を恋人にしている身だ。人並み以上には猫の扱いになれている・・・・・・・・・と思う。


「っ、いた・・・・・・!」


 ピリッと痺れるような感覚と同時に、手を引っ込める。
 容赦なく引っかかれた痛みに眉をひそめるコチラを一瞥しただけで、白猫は優雅に去って行く。気のせいか、エメラルドの瞳に妙に強い敵意が見えたような気がした。
 ・・・・・・・・何が気に食わなかったのかはわからないが、私はあの白猫に嫌われたらしい。
 そう思うと少し残念だった。汚れの欠片も知らないような純白の美しい毛並みを、是非とも触ってみたかったのに。
 ああまで印象の強い美しい猫には、多分なかなかお目にかかれないだろう。


「ア~リス!!遊びにきたぜ~♪」
「わっ!?」


 後ろからズシッと圧し掛かるように抱きつかれる。振り返るまでもなく、視界の端に見えるショッキングピンクなファーとその聞きなれた声で、ボリスだということがわかる。

「ちょ・・・・・・っとボリス、重いわよ!!」
「ん?アリスどうしたの、その手・・・・・・・・・てかさっき、誰かに話しかけて・・・・・・・あれ?」

 覗きこむようにして少し赤くなった私の手を見つめた後、ボリスの視線が別の方向を向く。その視線の先で、ちょうどあの美しい白猫が少し行った家の角を曲がっていった。
 ・・・・・・・・・まずい、という言葉が真っ先に浮かぶ。
 ボリスは私に他の猫が近づくのを何より嫌がる。ダイナのことだって、女の子だと言い張ってもろくに耳に入らない様子で毛嫌いし、浮気だ浮気だとこちらを責めたてているくらいなのだから。
 あの白猫がオスかメスかは知らないが、これはボリス基準で考えるとひょっとすると浮気にあたるかもしれないわけで。

「ぼ、ボリス・・・・・・・・あのっ・・・・・・・・」

 思わず振り返ってボリスの腕を掴む。変な勘違いであの白猫が傷つけられるようなことになるのは、見過ごせない。しかもこちらが手を出したのが悪いとは言え、結果的に私はあの子に傷つけられたことになる。
 全然大したことのない引っかき傷でも、ボリスにとってこれは許せないことに値するはずだ。それくらい執着されてることに、いい加減私だって気が付いている。
 だからボリスの怒りを予想しつつ、とっさに止めようとしての行動だったのだが・・・・・・・・。


「アリス、違うから、誤解だから!!あいつに何言われたとしても全然関係ないし、今の俺はあんた一筋だから!!てか今はあんたしか好きじゃないし、こんなに好きになったのもあんたが初めてなのは本当だから、それは信じて!!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・は?」


 ものすごく焦った様子で逆に言い募られ、呆けた声が出る。
 予想とはまるで違った態度にこちらが困惑するが、当のボリスはものすごく真剣で・・・・・・・・必死だ。それはもう必死に、まるで浮気したことを弁明するみたいに私に「愛しているのはあんただけだから!」とか聞くも恥ずかしい言葉を白昼堂々と街中で叫んでいる。
 ・・・・・・・・・これをなだめて何とか私の部屋へと連れて行くまで、私達は通りすがりのあらゆる人達の注目を浴びるはめになった。



「・・・・・・・ようするに、さっきの猫はボリスの『昔の猫』なのね」
「そう、なんだけどさ。あ、でもホント誤解しないでよ!今はもう全然会ってないし、あんたのことしか見てないから。だから心配とかする必要ないんだぜ?」
「はあ」

 何だかもう、気の抜けたような返事しかできない。
 ものすごく真剣で誠実な態度を見せているボリスには悪いが・・・・・・・『昔の猫』と言われても、これっぽっちも嫉妬心なんて起きやしない。

(だって相手が猫・・・・・・・・・元カノが猫・・・・・・・)

 微妙だ。ボリスにダイナのことで詰め寄られたとき並の微妙さだ。
 考えてみれば、ありえないことでもないかもしれない。
 ハートの国にいた頃、確かあれは舞踏会の少し前くらいだったか、ボリスが付き合っていた女の子の話をしていたことがある。ゴーランドからは「遊びに夢中でろくに付き合ったこともない」だのなんだの言われていたが、本人はそれなりに付き合った経験だってあるとか言っていた。・・・・・・・・それが、果たして『人型の異性』だったか否かは、本人のみしかわからない。
 思い返せばダイナに対しての反応があれだったし、自分のことを猫だと宣言して憚らないボリスのことだ。そりゃ、綺麗な猫がいたら付き合ってみたこともあるかもしれない。ボリスが過去にメス猫と付き合ってたとしても、おかしい話じゃない。


(相当な美人猫だったしね。人間の私から見ても)


 ボリスの話だと、あちこちの家を渡っては餌をもらったりしている八方美人な猫らしい。ああ見えてボリスより少し年上で、他の猫と同じく弱いけれどものすごく賢い猫なんだとか。結構前に別れたはずなのに、最近になってまたボリスに会いにくるようになったと言う。「もちろん、アリスがいるから相手にしなかったけど」とボリスは妙に誇らしげにそう笑った。
 普通はこういう元カノだのなんだのの話が出た時、気になったり嫉妬したりするのが普通の反応かもしれないが・・・・・・・・全くもって、そんなもやもやした気分にはならない。会いに来たと聞いても、あっさりと流せてしまう。
 むしろ、ボリスがさっきの白猫とじゃれついているのを想像すると微笑ましい。キスしてても全然可愛いと思う。和む。

(・・・・・・・・和むレベルの想像にしておこう。それ以上を想像したら、ちょっとボリスとこれから付き合えないかもしれない)

 一瞬想像しかけた自分に凹みそうだ。そして一応の恋人にドン引きしてしまいそうだ。

「あ、アリス・・・・・・・え、ちょ、何その微妙な顔・・・・・・・ほ、ほんとにあいつとは何もなかったよ!?本当だから!!一時期付き合ってたとか、それだけだからね!?」
「・・・・・・・・・・信じるわ、一応」
「一応ってなに!?あんた俺のことなんだと思ってんだよ・・・・・・・・はあ、ひどいぜ・・・・・・」

 耳まで力なく垂らして落ち込んでみせるボリスに苦笑し、慰めるように頭をなでてやる。ボリスはうっとりと目を細めて気持ちよさそうに喉を鳴らした。

(くっそう・・・・・・・可愛い・・・・・・・・)

 こうやって無防備に甘えてくる様子が可愛いと素直に思えてしまうのは、ボリスが猫だからだろうか。いや、多分それだけじゃないと言うことは私もいい加減わかってきている。
 見かけ云々の問題じゃなく、純粋にボリスを可愛いともカッコいいとも思う。私にだけ見せてくれる顔が嬉しくて仕方がない。「特別」だと照れもなく言ってくれるのが幸せで、向けた以上の想いを返してくれるのが泣きたいほどに・・・・・・・・・


「・・・・・・・・・ひとつ、訂正」
「ん?」
「やっぱりちょっと、ヤキモチ妬くかも」


 相手が猫であっても、やっぱりちょっと悔しいかもしれないだなんて。
 私も結構心が狭い。

 そっと苦笑をこぼして。
 目を丸くしている恋人に、そっと優しいキスをした。





END.
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png ネオロマ
総もくじ 3kaku_s_L.png オトメイト系
総もくじ 3kaku_s_L.png リジェ系
総もくじ 3kaku_s_L.png お題もの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png ネオロマ
総もくじ  3kaku_s_L.png QuinRose
総もくじ  3kaku_s_L.png オトメイト系
総もくじ  3kaku_s_L.png リジェ系
もくじ  3kaku_s_L.png その他
総もくじ  3kaku_s_L.png お題もの
  • 【君の笑顔を願う(ジョーカーの国、ユリウス→アリス)】へ
  • 【やっかいな恋敵~叔父と甥~(遙か3、VSもの)】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【君の笑顔を願う(ジョーカーの国、ユリウス→アリス)】へ
  • 【やっかいな恋敵~叔父と甥~(遙か3、VSもの)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。