スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←アライブ・モメント(鷹撫) →褒の草紙~縁~(縁香、和エンド後)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png ネオロマ
総もくじ  3kaku_s_L.png QuinRose
総もくじ  3kaku_s_L.png オトメイト系
総もくじ  3kaku_s_L.png リジェ系
もくじ  3kaku_s_L.png その他
総もくじ  3kaku_s_L.png お題もの
  • 【アライブ・モメント(鷹撫)】へ
  • 【褒の草紙~縁~(縁香、和エンド後)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「お題もの」
QuinRose系

離してよ、意地悪(シドニー×アリス)

 ←アライブ・モメント(鷹撫) →褒の草紙~縁~(縁香、和エンド後)
 夜の闇に包まれたベッドルーム。
 オレンジ色の間接照明だけが淡く光る中、ひとつのベッドで寄り添って眠る、恋人同士。

「・・・・・・気持ちいい~もふもふ・・・・・・」
「・・・・・・それはどうも」

 実に艶っぽいシチュエーションのわりには、まったくもって色気のない調子で、アリスは幸せそうに恋人を抱きしめる手に力を込める。その腕に抱かれた人形のような黒ウサギ・・・・・・恋人でもあるシドニーは、少し居心地が悪そうにアリスの腕の中で身じろぎをした。

「そんなに、ウサギ姿の私が好きなわけ、君?」
「ええ。だって気持ちいいんだもの・・・・・・すごく幸せな気分で眠れそう」
「まあ、私の毛並が素晴らしいのは当然だけれど・・・・・・というか君、この状況で、もう少し他にないわけ?」
「ん~・・・・・・?」
「聞いてないだろう・・・・・・はあ」

 深々と溜息をついてみせる黒ウサギの言葉を聞き流し、アリスは夢見心地のまま抱きしめたウサギの頭をそっとなでる。長く垂れた耳、ふわふわの抱き心地、あたたかな温もり。何もかもが心地よくて、ゆるゆるとした微睡が瞼を閉じさせる。
 無意識のうちに口元に笑みが浮かぶ。さわさわと触れながら夢うつつを彷徨う感覚は、とても幸せで素直な気持ちにさせてくれる。

「いい夢、みれそう・・・・・・」
「そう」
「シドニー・・・・・・だいすきよ・・・・・・」
「っ!?え、なっ・・・・・・!」
「・・・・・・ん~・・・・・・かわいい・・・・・・」
「~~~~~~~~っ!!」

 ほとんど無意識にこぼれた言葉に、腕の中のウサギがびくりと固まる。
 あたたかい。きもちいい。・・・・・・いとおしい。
 胸に湧き上がる感情のまま、そっとアリスは抱きしめた柔らかい毛皮に唇をよせた。


「・・・・・・まったく。君ってほんっとうに・・・・・・」


 特大のため息と共に、抱きしめていた温もりが消える。その代わりとばかりに、今度は大きな温もりに抱きしめられるように包まれて、アリスはまどろんでいた瞼をぱっと開いた。
 暗い中、色違いの赤と黒が、至近距離でアリスの顔を覗き込む。整った顔立ちに、企みごとをするような笑みが浮かんでいた。

「こちらの気も知らないで、可愛いだの気持ちいいだの、好き勝手言ってくれるよね。散々私を撫でまわして、さぞ楽しかっただろう?それじゃあ次は、私が君に好き勝手しても、何も文句はないよね?」
「ちょ、ちょ、ちょっとシドニー!?」

 ぎゅううっと勢いよく抱き込まれ、アリスは目を丸くする。
 離れたくても離れることを許さない力で、腰に回された腕が少女を抱き込む。もう一方の手は、気恥ずかしくなるほどに優しくアリスの髪に触れ、感触を楽しむように撫でられる。

「・・・・・・かわいい」
「っ、な、ななな・・・・・・」
「かわいいよ、アリス。私の恋人は、何よりもかわいい。このままずっと、抱きしめていたいほどに」

 ちゅ、と額に落とされたキスと甘い言葉に、アリスの頬に熱が集まる。
 いたたまれない恥ずかしさに視線を泳がせると、シドニーがくすりと笑う声が聞こえた。

「どうして照れるんだよ?君がさっきまで、私にやっていたことだろう」
「そ、それはあなたがウサギ姿だったから・・・・・・」
「ふうん。君は、ウサギになら誰にでもあんなことをするの?あんな風に抱きしめて、可愛いだの好きだの囁いて、無防備に笑って・・・・・・キスまでする、と?」
「し、しないしない!他のウサギに同じことするわけないでしょう!?」

 肩口でささやかれた声に不穏なものを感じ、アリスはとっさに勢いよく首を振った。じとりと向けられたオッドアイが、拗ねた色を宿してアリスを見つめる。
 そのまま近づいた顔が、ゆっくりと唇に触れた。

「私も。こうして抱きしめるのは、君だけ、だ」
「ん・・・・・・」

 そっと深められたキスが、頭の芯をぼうっと溶かす。先ほどの心地よい微睡とは違う、もっと熱いもの。
 私だって、と絡める舌の上で、小さくつぶやく。私だって、こんなふうにキスをするのも、大人しく抱きしめられるのも、シドニーだけだ。

「・・・・・・君の要望だったから、ウサギ姿になったけれど。せっかく、恋人と二人きりなんだ。どうせなら、もっと違うことをしたいという私の希望、聞いてくれる?」

 ちゅっと音を立てて離れた唇の先で、シドニーがにこりと笑う。少し小首をかしげた、どこか小動物のようなかわいらしい仕草。
 だけど、彼はかわいらしいだけの黒ウサギじゃないことくらい、アリスだって理解している。


「いい夢が、みれそうだ」


 黒ウサギ姿のシドニーを抱きしめていた時にアリスがつぶやいたのと同じ言葉を、わざとらしく繰り返して。
 絶対に離さないとでも言うように、可愛くない黒ウサギに抱きしめられる。



離してよ、意地悪



 精一杯の強がりの言葉は、恋人同士の時間に消えた。



End.



きょん吉さんに捧げます。


お題使用:
88*31
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png ネオロマ
総もくじ 3kaku_s_L.png オトメイト系
総もくじ 3kaku_s_L.png リジェ系
総もくじ 3kaku_s_L.png お題もの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png ネオロマ
総もくじ  3kaku_s_L.png QuinRose
総もくじ  3kaku_s_L.png オトメイト系
総もくじ  3kaku_s_L.png リジェ系
もくじ  3kaku_s_L.png その他
総もくじ  3kaku_s_L.png お題もの
  • 【アライブ・モメント(鷹撫)】へ
  • 【褒の草紙~縁~(縁香、和エンド後)】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【アライブ・モメント(鷹撫)】へ
  • 【褒の草紙~縁~(縁香、和エンド後)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。