スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←君がいる、こんなしあわせ(鷹撫、帰還End後) →飼い猫の見る夢(ハート&クローバー、ボリアリ、ifストーリー)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png ネオロマ
総もくじ  3kaku_s_L.png QuinRose
総もくじ  3kaku_s_L.png オトメイト系
総もくじ  3kaku_s_L.png リジェ系
もくじ  3kaku_s_L.png その他
総もくじ  3kaku_s_L.png お題もの
  • 【君がいる、こんなしあわせ(鷹撫、帰還End後)】へ
  • 【飼い猫の見る夢(ハート&クローバー、ボリアリ、ifストーリー)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

届かないと知っていても、表現したいもの

 ←君がいる、こんなしあわせ(鷹撫、帰還End後) →飼い猫の見る夢(ハート&クローバー、ボリアリ、ifストーリー)


 お久しぶりのブログです・・・・・・もう全然書く暇がありませんでした。
 3月末に家で不幸があってドタバタ、ようやく会社出て行ったら新学期始まって、新人の指導者になるわで。平日が忙しすぎます。
 ようやく週末~~お休み~~~ってホッとした気分ですよ。

 新人に手いっぱいで、自分の仕事ができず結局連日残業という悪循環・・・・・「強くなれるよ大丈夫!」といらん励ましうけました。
 まあ忙しいおかげで、悲しむ暇ないっていうのがありがたいところですがね。自分にいっぱいいっぱいで、悲しみに鈍感になれてるかなーって。
 以下、ちょっと鬱になるような話(しかも長い)なので反転で。



 3月末に父が亡くなりました。
 C型肝炎から肝硬変になり、救う手だてを探している間に容体は急速に悪化。バレンタインに入院してから自宅に戻ることなく、病院で息を引き取りました。

 夏に余命数か月で、桜が見られるかはわからないと宣告されていたので、家族としては覚悟もできていました。でもやっぱりキツかったですね。最後の3ヶ月は家族総出で介護生活。何度も病院に通って薬を飲ませたりご飯食べさせたり、会社も休んだり・・・・・亡くなる直前の2週間、母は毎日仕事を休んで病院に泊まっていました。
 人間って、死ぬとわかると本性出るもんだなってしみじみ感じたというか、あれでしょうね、多分ふっきれるんだろうなと思いました。やっぱどんなに「別に生きようが死にようがどうでもいい」と思っているような人でも、いざ「あなたは死にますよ」って言われて実際にどんどん自分の体が弱っていくと、ものすごく生きることにこだわるようになる。死ぬっていうことから目を逸らす。多分しょうがないことなんでしょうけどね。実際にそうなったら、自分もそうなるのかもしれないし。

 そう思えば我慢もできたんですけど、本当に正直・・・・・死ぬ数か月前の父は、ものすっっっごくワガママ三昧。言っても聞かない、説得したところで納得してくれない。否定すると逆に意固地になっちゃうから、肯定しつつ小さい子供に言い聞かせるようにしゃべらないとダメでした。
 正直、年明け以降はそれに精神的に疲れちゃって、全力で現実逃避傾向が強まっていました。土日くらいしか顔出せない私がそれなんだから、会社休んでまでずっと面倒見てた母とか、大学生だからってことで平日毎日病院通って父のリクエストを叶えてた弟は、もっと大変だったと思います。

 今だから言えるんですが、途中リアルに首絞めてやろうかと思ったくらいです。看護疲れで相手を殺しちゃう人の気持ちがわりと理解できた経験です。実際に自分が経験してみないとわからないです、あの辛さは。
 苦しむ姿がかわいそうだし、ワガママ三昧も本人の意思じゃないんです。半ば薬のせいで、正気の時はそれこそ本当に泣きそうになりながら「ごめんねーごめんねー」って言ってくるんですよ。

 自分もつらいし、相手もつらい。家族だってつらい。
 うちは家族が3人いたから耐えられたけど、ひとりで看護をするとなったら数か月で発狂しておかしくない。看護放棄しちゃう人とか、老人ホームに預けっぱなしでろくに世話もしないような人のことを、多分責められないです。仕事してたり、他に家族があったりしたら尚更無理だと思う。

 長いこと病気で入院したり、あるいは老人ホームに預けられた人の多くって、多分自宅に帰りたがるんですよ。そりゃそうですよね。やっぱり住み慣れた家に帰りたいもんでしょう、なんとなくわかります。
 でも帰ってこられたら、今度困るのはその人の面倒見る家族なんですよね。自宅介護は本人からすればベストかもしれない。だけど看護する側からすれば地獄。容体が悪化しても何もできないし、下手に動かれて倒れられても困るから目を離せない。トイレもまともにいけないから、排泄物の処理は身内が行う。自分の親や旦那さんのオムツを、取り替えられますかって、そういう話なんですよね。それが何日も何か月も続く生活、続けられますかっていう・・・・・
 仕事だったらまだ割り切れて我慢できるかもしれないけど、身内なら本当に無理だということを私は実感しました。これが同性の親ならまだいいんですけど、異性親ですからね。さすがになりふり構ってられないくらい弱ってしまった父も、娘の私には遠慮して、最後の最後まで排泄関係のことはやらせようとしませんでした。


 悲しいね大変だねっていろんな人に言われました。
 でも、わりとそこまで落ち込んでないっていうのが本音で。冒頭でも言った通り、忙しすぎて考えてる暇がないっていうのもあります。落ち込んでられないんです。私には仕事があって、身内が死んだからといっていつまでもうじうじ引きずっていちゃいけないものだと思うんです。うだうだ凹んで、仕事に影響でるようなことになるのは嫌だし、そんなみっともないところ、社会人として絶対に見せたくない。
 だって私は生きているし、これからもあと何十年かわからないけど生きなきゃいけないし、立ち止まってはいられないんじゃないかなと。カッコ良く言ってしまえば、そんな感じで。でもまぎれもなく本音です。

 いかに近しい人の死であっても、ひとりの死で私の時間を止めちゃいけない。死んだ人をいつまでも想って~とか小説だったら綺麗かもしれないけど、現実じゃみっともないだけだし、負け組に部類されてしまうだろうから。
 私はそういうところのある現実が大嫌いです。
 父の死で相続やらなんやらにも無関係でいられない立場になって、さらに嫌気がさしました。現実の人間関係・・・・・特に親戚関係のいざこざ確執に、うんざりしています。くだらない、本当にくだらないしカッコ悪い。それなりの大金や権利が絡んだ人間の気持ち悪さは、心底吐き気がします。
 ・・・・・まあそんなこんなだからこそ、二次元に憧れて好きなんですけどね・・・・・・生きる場所が現実なら、現実らしくみっともなく醜く貪欲に生きてかなきゃなって。

 あと、まだ実感がないっていうのもあります。なんとなくまだ、あの病院に父親が入院しているような感じがあって、目の前に骨とか位牌があるのに、確かに冷たいその顔に触れてサヨナラも言ったのに、全然そんな感じがしないんです。
 いなくなったってことがよくわからない、っていうんですかね。


 結構最期は苦しんでました。死に顔は安らかでしたけど、その前の苦しみは、ちょっとトラウマになるくらい鮮明に記憶に残ってしまっています。
 もう痰が絡んで呼吸音なのかイビキなのか話しかけられているのかもわからない状態。痛みを抑えるためにモルヒネいれてたものだから意識が朦朧としていて、目を開いても焦点は定まらずに半ば白目。
 それでも、意志だけは最期まで亡くさなかったですね。話しかけたことに反応するし、頷いたり返事みたいなうめき声は出せる状態で・・・・・・それが、最期に見た父の姿でしたかね。亡くなった日の昼にちょうど会いに行って、しばらく傍にいたんですけど。ひどすぎて、その姿はさすがにショックでした。

 これが人間なんだろうか、って思いました。
 人間はあんなにもボロボロになってしまうもんなのかと。人間が生きた後の終わりの姿は、これなのかって。
 あれを生きているって、言ってもいいのかな。生きている方がずっと辛いような、そんな姿。私だったらきっと耐えられない。殺してくれ、って言いたくなる。延命なんていいから、楽にしてほしいってそう思ったし、そう言われたようにも思った。


 余命を宣告されていたので、ある程度の準備はできていましたし、悔いのないようあれこれする時間もありました。母親なんかは、「最期までちゃんと世話してあげられたから後悔していない」って言ってます。
 でも後悔なんて、結局思い返せばアレコレ出てくるもんなんですよね。私もあんまり悔いのないようには動いてましたけど、やっぱりああすればこうすればってあります。

 花嫁姿見せてあげたかったな、とか。
 父と私はお互い無口なものだから、病室行っても会話なくて・・・・・だからもっと何か話題考えとけばよかったかな、とか。

 亡くなる日の昼に会った時、私あまりの壮絶な姿に言葉でなくて、病室きて「きたよー」っていうのと帰るときに「またね」って声かけることしかできなくて。しかも帰りなんて、寝てる時に声かけたから多分ちゃんと聞こえてなくて。看護師さんと交代で病室でるとき、もう明確な言葉をしゃべれない父親が「あーあーあー」って少し大きめな声で言っているのを背中で聞いて、そのままドア閉めて、振り返らなかったんです。
 もしかして私が帰るのに気が付いて何か言ってくれたかもしれないのに、戻ろうとせずに帰ってしまって・・・・・その日の夜中、亡くなりました。あれが最期だったんですよね、私が見たの。

 それが一番悔いているとこ、ですね。
 口には出さないし、家族にも言わないけど、今でもそこがやたら引っかかってイタイ。ごめんなさいって思うところだし、多分この先ずっと後悔するんだろうなってうっすら思ってます。

 親の死に目には間に合いませんでした。母から危篤連絡うけて、それからすぐタクシー拾って病院向かいましたけど、母が連絡くれたほぼすぐ後くらいには心肺停止になったみたいです。そこも、後悔と言えば後悔です。


 ある程度時間も過ぎ、感情的な面ではだいぶ落ち着いてきてはいます。
 まだゴタゴタはあるし、お墓どうしようとかいろいろありますが、それもそのうち片付くんだろうなと思っています。
 春も兆しが見えてきて、桜も咲き始めて温かくなって。父が楽しみにしていた桜、ようやく咲きました。
 もう春で、新しい生活が始まって・・・・・ちょっとだけ、それが不思議な気分です。全部全部、流れていくものなんですよね。当たり前だけど、改めて実感したというか。

 過去のものとなってしまった思い出や人は、置いていくしかないのが寂しいけれど、でもちゃんと前向いていくからって、伝えたいかもしれません。
 何も心配しないでというにはいろいろ問題は多いけど、静かに眠ることができるくらいには頑張ってみるから。普段何も言わないくせに、病院では看護師さん相手に自慢してくれていたらしい娘を少し信じておいてください。

 素直じゃない、あなたによく似た性格の娘からの、最後のお願いです。
 ゆっくり休みながら、見守っていてください。
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png ネオロマ
総もくじ  3kaku_s_L.png QuinRose
総もくじ  3kaku_s_L.png オトメイト系
総もくじ  3kaku_s_L.png リジェ系
もくじ  3kaku_s_L.png その他
総もくじ  3kaku_s_L.png お題もの
  • 【君がいる、こんなしあわせ(鷹撫、帰還End後)】へ
  • 【飼い猫の見る夢(ハート&クローバー、ボリアリ、ifストーリー)】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【君がいる、こんなしあわせ(鷹撫、帰還End後)】へ
  • 【飼い猫の見る夢(ハート&クローバー、ボリアリ、ifストーリー)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。