スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←Sexy Christmas!(2009クリスマス企画、グレアリ) →2010Valentine~ver.H~(遙か3十六夜エンド後、ヒノ望)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png ネオロマ
総もくじ  3kaku_s_L.png QuinRose
総もくじ  3kaku_s_L.png オトメイト系
総もくじ  3kaku_s_L.png リジェ系
もくじ  3kaku_s_L.png その他
総もくじ  3kaku_s_L.png お題もの
  • 【Sexy Christmas!(2009クリスマス企画、グレアリ)】へ
  • 【2010Valentine~ver.H~(遙か3十六夜エンド後、ヒノ望)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「QuinRose」
アリスシリーズ

鬼は内(2010節分、W塔)

 ←Sexy Christmas!(2009クリスマス企画、グレアリ) →2010Valentine~ver.H~(遙か3十六夜エンド後、ヒノ望)
「節分」
 鬼を払う悪霊払いの行事として行われる。
 魔滅の意味を持つ豆を鬼にぶつけて追い払い、一年間の無病息災を願う。撒かれた豆を年の数だけ食べると、体が丈夫になるという。
 地域色はあるが、基本的に「鬼は外、福は内」の掛け声とともに豆を撒く。




「なんだって私がこんなことをしなければいけないんだ・・・・・・」
「いいじゃない、たまには。ナイトメアほどじゃないけど、ユリウスだって部屋に篭りっぱなしで不健康でしょう?一緒に健康祈願をしておきましょうよ」
「・・・・・・あの夢魔の不健康が、豆を撒いて食べた程度でよくなるとはとても思えないがな」
「言うな、時計屋。効果はなくとも、気休め程度にはなる・・・・・・・・と信じたい」
「まあ当の本人は、ものすごく楽しそうだしいいんじゃない?」

 苦笑いを零したアリスの視線の先には、ひときわ楽しそうに豆をまくナイトメアの姿がある。
 マフラーとコートという重装備でも寒い寒いと騒ぐ彼が、楽しげに外に立っているのだから、ある意味健康祈願は効いているのかもしれない。
 ・・・・・・まあきっと子供みたいにはしゃいで寒さを忘れているだけだろうから、部屋に戻った途端に疲れでドッと体調を崩しそうな予感もするが。

 雪がちらつく、クローバーの塔の玄関口。
 ユリウスとグレイに挟まれるような形で、アリスは塔の職員達が豆を投げるのを見つめる。
 「鬼はー外!福はー内!」と声が響き渡り、黄土色の小さな大豆がバラバラと雪に散らばっていく。
 アリス達の手にも、豆が入った正方形の木の小箱が収まっていた。


「同じ悪霊払いでも、ハロウィンとは随分違うのね。鬼っていうのは異国の悪霊なの?」
「ああ、確か異国の悪魔らしいぞ。恐ろしく強い力を持っているそうだ。確か赤や青の色をした鬼が主流だと聞いたが・・・・・・」
「・・・・・・へえ、悪魔・・・・・・」
「・・・・・・赤い悪魔・・・・・・か」
「はははっ!ユリウスもアリスも、どうして俺の方を見るんだ?」


 少し離れた場所に立つ、目に痛い赤のコートの男が笑う。
 実際に鬼がいるとしたら、こんな感じなのだろうか。残念ながら、豆をぶつけた程度で退散してくれそうにはないし、むしろ倍返しされそうな性質の悪さを持っている相手だが。
 グレイがうんざりしたような溜息をつき、ユリウスも疲れたように頭を振った。

「そもそもエース、どうしてお前がここにいるんだ?」
「いやあ、城に帰ろうと思ってたんだけど、気が付いたら冬でさ!おかしいな~と思ってるうちにクローバーの塔に着いたんだけど、ちょうど面白そうなイベントやってたから寄り道してみたんだ。俺も参加させてよ、いいだろ?」
「・・・・・・ああ、いいぞ。鬼役をやるなら大歓迎だ。全力で追い出してやる」
「ははっ、トカゲさんやる気満々だなあ。鍛錬に付き合ってくれるの?」
「エース、やめろ。トカゲも、こいつを本気に相手にしたところで疲れるだけだぞ」

 緊張感が流れかけた場を、ユリウスが一言で抑える。
 エースが「はーい」と心のこもっていない返事を返し、グレイも殺気をとりあえずは消してみせた。

「ん~でも実際面白そうだし、俺が鬼をやってもいいんだけどね。だけど一人じゃつまらないなあ。他にも誰か鬼役やってくれないかな」
「そうねえ・・・・・・ナイトメアなんかどう?夢魔だし、悪魔と似たようなものでしょう?」
「こらこらこら、私を勝手に悪魔と一緒にしないでくれないか、アリス」

 いつの間にかすぐ近くへと来ていたナイトメアが、唐突に話題に飛び込んでくる。
 「私を除け者にして勝手に相談するなんて・・・・・!!」と呟くその姿は、明らかにふてくされた子供だ。


「第一、私は偉いんだぞ!?その私に豆を投げつけるなんて失礼なことをするんじゃないっ!」
「そうだな。ナイトメア様に豆を投げつけるのは日頃の憂さ晴らしになりそうだが・・・・・・あまり逃げ回られて、後で熱を出して寝込まれるのも困る。」
「うんうん、俺も夢魔さんと一緒に鬼役やりたくないな。面白くなさそうだしっ!」
「・・・・・・お前達、さりげな~~~くものすご~~~い悪意を感じるぞ」
「ふん、日頃の行いの結果だろう」
「と、時計屋こそどうなんだ!?お前こそ、鬼をやってみればいいだろう!!」
「誰がやるか、馬鹿馬鹿しい。そういうのはトカゲに任せておけばいいだろう」
「え~、俺、トカゲさんよりユリウスと一緒がいいな~」
「やらん」
「え~~~~~~~~」
や・ら・ん、と言っている!!しつこいぞ、エース!!」


 わいわいと交わされる会話に、アリスはこっそりと微笑む。
 にぎやかで穏やか、楽しい時間。
 どんなサーカスでもどんな季節でも、今目の前にある光景ほど大切で、楽しいものなんてありはしない。



「それじゃあ、アリス、一緒に鬼役やろうぜ!」
「え?」



 突然の申し出に目を瞬かせる。
 いつの間にやらちゃっかりと近づいたエースに肩を抱かれ、爽やかに笑いかけられる。

「だってさ、鬼って他に青い鬼がいるんだろ?俺が赤で、君が青。色的にもピッタリだ!」
「・・・・・・まあ、服の色だけ見ればそうね」
「それだけじゃないぜ。君ってさ、悪魔にピッタリだと思うんだよね」

 どういう意味よ、失礼ね。
 そう言おうとした口が、軽く人差し指で封じられる。覗き込むのは、赤いガラス玉の双眸。


「男を惑わす小悪魔、ってことで。ピッタリじゃない?」
「だっ、誰がよ!!」
「ははっ、鬼は鬼同士、仲良くしようよ。鬼は外~って追い出される前に・・・・・・一緒に逃げちゃおうか」


 そう目の前の表情が微笑んだと思った瞬間、アリスの前からエースの姿が掻き消える。
 それと同時に、ものすごい勢いで大量の豆がアリスの眼前を掠めた。
 ・・・・・・・ぶつかったら、ものすごおおおおおおく痛いだろうと思われる、容赦のないスピードで。


「望みどおり、追い出してやろう。性質の悪い赤鬼だけ、な」
「地方によっては『鬼は内』と呼ぶパターンもあるそうだ。悪いが、小さい青鬼の方は、うちにいてもらわなければ困る。赤鬼には渡さないよ。グレイ、赤鬼退治は任せたぞ」
「そうこなくっちゃ面白くないよね。豆撒きだけ~なんて行事、つまらないよ」


 結局このパターンなのかと、目にも留まらない速さで剣を交えるエースとグレイから距離をとる。
 完全傍観体勢なナイトメアから少し離れた位置にいるユリウスに近づき、アリスは彼を見上げた。今度はエースを止めることもせず、ユリウスは心底面倒なと言った表情を浮かべて手元の豆を見つめている。

「ね、ユリウス。ユリウスは、豆まきしないの?」
「・・・・・・面倒だと言っているだろう。」
「・・・・・・じゃあ、鬼が2人も傍にいてもいいの?あんまりいいことはないかもしれないけど」

 ちらり、とユリウスの視線が向けられる。
 深い藍色の瞳から目を逸らし、アリスは手元の豆をひとつ口に運んだ。歯で噛めば、独特の味と乾いた触感が口の中へと広がっていく。



「・・・・追い出すのも面倒なやつらだからな。勝手にすればいいさ。私は鬼だろうがなんだろうが、嫌いな奴を傍に置くほど優しくもない」
「・・・・・・ありがとう」



 初めて口にした異国の豆は、とても癖になる後味がして。
 アリスは小さくはにかんだ。



 鬼はうち、福はうち。
 たとえ厄介でも、どうぞ傍にいさせてください。





End.
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png ネオロマ
総もくじ 3kaku_s_L.png オトメイト系
総もくじ 3kaku_s_L.png リジェ系
総もくじ 3kaku_s_L.png お題もの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png ネオロマ
総もくじ  3kaku_s_L.png QuinRose
総もくじ  3kaku_s_L.png オトメイト系
総もくじ  3kaku_s_L.png リジェ系
もくじ  3kaku_s_L.png その他
総もくじ  3kaku_s_L.png お題もの
  • 【Sexy Christmas!(2009クリスマス企画、グレアリ)】へ
  • 【2010Valentine~ver.H~(遙か3十六夜エンド後、ヒノ望)】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Sexy Christmas!(2009クリスマス企画、グレアリ)】へ
  • 【2010Valentine~ver.H~(遙か3十六夜エンド後、ヒノ望)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。