更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2011 101234567891011121314151617181920212223242526272829302011 12

【  2011年11月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

夕焼け色の恋をした(鷹→撫、切なめ)

その他

2011.11.22 (Tue)

  茜色に染まる世界を綺麗だと思うようになったのは、いつからだろう。「まったく、理一郎ったら・・・・・どうしても抜けられない用事なのはわかったけど、何もあんな言い方しなくていいと思わない?」「あはは。でも理一郎らしいよね」「・・・・・・・そうだけど。もう本当に、いつも通りすぎて怒る気もしないわ」 アスファルトに長く伸びた、俺と君の黒い影も。 いつの間にか見慣れた坂道も。 並んで響く足音も、隣を歩く君...全文を読む

Where does a baby come from?(菓子パン、ティウェン、ベストEnd)

その他QuinRose作品

2011.11.12 (Sat)

  人は衝撃的な光景を目にすると、本気で眩暈を起こすらしい。 くらりと揺らいだ視界で、どこか他人事のように冷静に分析する。思わずよろめく衝撃だ。ピーターに半ば攫われるようにしてこの非常識極まりない世界に連れこまれ、それこそ卒倒したくなるほどありえない事柄をいくつも体験し、ちょっとやそっとのことじゃもう動じなくなってきたウェンディだったが、さすがにこれは・・・・・・そういう非常識な事柄とは違う意味で、...全文を読む

君が居ない世界の広さよ(CZ、理一郎→撫子)

その他

2011.11.06 (Sun)

  暗くて狭くて埃っぽい場所で、一人で泣いていた。 誰も探しに来てくれなくて、何の音も聞こえなくて、どれだけ待っても俺は一人で。 さびしくて、こわくて、ふあんで。 ただただ泣くしかできなかった。 今思えば、本当に馬鹿げている。自分で隠れたくせして。誰にも見つけられない場所に、自分から隠れれ、じっとしていたくせに。 鍵なんてかかっていなかった。出ようと思えば出られたはずだ。外に飛び出して、自分の足で戻...全文を読む

好きすぎて何を言えばいいかもわからない

未分類

2011.11.05 (Sat)

  最近CZが再燃しまくって大変です。ぽけっとCZの威力恐るべし・・・・・・!! とりあえず最愛の円と寅之助をクリアしたのですが、もうすでに1回フルコンプしているというのに色あせないこの感動・・・・・・・・!!もう本当になんて言っていいかわからない。ものすごくCZの良さをもっともっと伝えたいのに、全然表現できるきがしない。大好きっていうのを表現したいのに全然ダメだどうすればいいかわかんない・・・・・!! ...全文を読む

しあわせ絵本(ワンド2、ノエルグッドEnd3年後)

ワンドオブフォーチュン

2011.11.05 (Sat)

  オレンジの夕日が窓から差し込む図書室を覗き込み、目当ての背中を見つける。声をかけようとしたところでふと違和感を感じ、ルルは足音を殺してそっと近づいた。「・・・・・・ノエル?」 小さく呼びかけて顔を覗き込むと、予想どおりの寝息が返ってきて思わず苦笑が零れる。机の上には開かれたままの本と散らばった羊皮紙と羽ペン。肘をついた片手に頭を押し当てたまま閉じられた蒼い瞳。 ユリウスのこと言えなくなっちゃうわ...全文を読む

感情合わせの恋の花(菓子パン、ティウェン)

その他QuinRose作品

2011.11.03 (Thu)

  彼とのキスはいつだって甘い。 小説なんかではよくそんな風に表現されるキスだけど、本当に「甘いキス」というものが存在するとは思っていなかった。唇同士を重ねあわせる行為は親愛を伝える手段・・・・・・言ってしまえば、ただそれだけ。 甘いとか苦いとか、キスにそんな感想を付け加えるのは・・・・・・まあ、食事後とかならそうかもしれないけど、結局のところ気分的な問題であって、冷静に考えてみれば、キスそのものの...全文を読む

前月     2011年11月       翌月

Menu

プロフィール

キッカ

Author:キッカ
乙女ゲーム大好きなヲタ
亀並の遅筆だが、書くのは好き。語るのも好き。

もっぱらハマっているのはQuinRose作品だけれども、興味がころころと変わる人。
二次創作もたまにやっていたり。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。