更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2011 051234567891011121314151617181920212223242526272829302011 07

【  2011年06月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

久々すぎる

未分類

2011.06.29 (Wed)

 ...全文を読む

最強最悪、到来~前編~

Clover's Little Girl Story~パパは心配性~

2011.06.29 (Wed)

  足元が揺らいだ気がして、ユリウス=モンレーは時計を修理する手を止めた。 何度も体験したことのある馴染の感覚に、ちらりと視線を窓へと向ける。どこぞの爽やか騎士を彷彿とさせるうっとうしいまでの青空に変わりはない。だが立ち上がって少し風景を見渡せば、それはつい先ほどまでいた景色とは異なっていた。 心底憂鬱そうな溜息を吐き、眼鏡を外す。ただの引っ越しなら気にも留めないが、今回は少しばかり騒がしくなりそう...全文を読む

ふとした恋の一瞬~寅之助ver~

CLOCK ZERO

2011.06.19 (Sun)

  遠くで聞こえるチャイムの音。 ああまずいと頭の片隅で思いながら、それでも体を動かすことができない。瞼は重く、体はまだこの心地よい微睡みから離れたくないとずるずる覚醒を拒み、起きなきゃいけないという気持ちの反対側でもう少しだけと本能がダダをこねる。「・・・・・い、・・・・・きろ」 誰かの呼ぶ声に目を開けようと試みてみるが、僅かにまつ毛が震える程度で終わる。 眠りに片足を半分以上突っ込んだままの意識...全文を読む

終わらぬ夢の眠り姫(いざ恋、信華、悲恋エンド)

その他

2011.06.06 (Mon)

  眠っていると感じる、優しい温もり。触れるでもなく、起こすでもなく、ただただ傍にいてくれる。 あまりに優しすぎて、私はいつも泣きそうになってしまう。 ごめんなさい、ごめんなさいと。 何に対して謝っているのかもわからないまま。悲しくなって、でもどうしてもその温もりには触れられない。だってそれは、目を覚まさなくてはいけないということだから。 私はまだ、ここにいたいから。 手を伸ばさずにいる私を、温もり...全文を読む

さよならまたいつか(いざ恋、政華、悲恋エンド政宗視点)

その他

2011.06.05 (Sun)

  口元へ柔らかく触れた温もりに、愛おしさを覚える。 目を閉じ、微睡みの意識の中にいてもわかる。俺がただ一人、愛した女。間違えるなどあり得ない。すべてを捨ててでも、共にありたいと願った存在なのだから。 ふとその温もりが離れる。 どうしようもない不安が胸をよぎり、引き止めようと手を伸ばした。が、気持ちに反して鉛のように重い体は動かず、指のひとつすら持ち上げることはできなかった。『・・・・・・さようなら...全文を読む

前月     2011年06月       翌月

Menu

プロフィール

キッカ

Author:キッカ
乙女ゲーム大好きなヲタ
亀並の遅筆だが、書くのは好き。語るのも好き。

もっぱらハマっているのはQuinRose作品だけれども、興味がころころと変わる人。
二次創作もたまにやっていたり。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。